TICCとは



  東海大学チャレンジセンター 所属

 Tokai International Communication Club
 通称 TICC(ティック)
TICCイメージ画像

 私たちTICCは、東海大学内の留学生や日本人学生、また大学周辺地域に住む外国につながりのある方々を対象に活動を行う国際ボランティアプロジェクトです。
  全ての人がお互いのことを理解しあい、支え合えるようになったら、どんな問題も一緒に解決することができると私たちは考えています。
 グローバル化が進む中、留学生や地域に住む外国につながりのある方々がぶつかっている問題の原因は、言葉の違いや文化の違いなど様々です。
  これらの問題に対して、TICCは「学習支援」「異文化理解」「国際交流」の3本の柱で活動を行い多文化共生を意識する社会づくりを目的として活動しています。

▲ページ先頭に戻る

今年度活動目標

「異文化に触れる機会を増やし、互いに尊重し合う」    今年度、TICCでは多文化共生を理解してもらうため、イベントの参加者ないしメンバー間で、個々を認め合い組織を作っていくために上記を達成目標として、多文化共生を意識してもらうイベントを企画し、開催していきます。
 また、プロジェクトでは学びの実践の場として、プロジェクトメンバー間の意識向上に向けて学びのテーマを設定しています。
  TICCでは、「多くの情報を取り入れ、個人がメンバーとしての自覚を持ち、互いの価値観を学ぶ」という学びのテーマを設定し、日々の活動に取り組んでいます。
▲ページ先頭に戻る

組織構造

TICCは、
「学習支援」、「異文化理解」、「国際交流」の3つの柱を軸に、多文化共生の実現を目指しています。
3つの柱に、①~④の4つの企画がそれぞれ所属しています。図のように、にこティー教室は「学習支援」、異文化理解ワークショップとシンポジウムは「異文化理解」Foreign Students Communicationは「国際交流」の柱のもとで活動しています。
TICCメンバーは、これら上記4つの企画のいずれかに加わり、活動を行っています。
▲ページ先頭に戻る

年間スケジュール

                                            
4月 にこティー教室(2019 春)
 地域の外国人児童を対象に、授業内容の補助・支援を毎週水・木曜日の2回行う。外国人児童を支援すると共に、参加学生が在日外国人の現状を知る機会とする。予算は支援を円滑に行う為の教科書や辞書の購入、交通費に使用する。

Communication Lunch(授業期間中継続活動)
 東海大学内の留学生と日本人学生がコミュニケーションを取る為の昼食会である。多くの留学生と日本人学生が互いに親睦を深めることを目的とし、基本的に8号館で活動を行う。
5月 日本文化体験旅行
 本学の留学生と新1年生を中心とした日本人学生を対象に、日本文化に触れながら交流の機会となる日帰り旅行を企画する。今回は新緑を楽しみながらの高尾山への登山を企画する。

留学生交流会
 日々のTICCメンバーで行っている全体ミーティングに留学生を招き、簡単なオリエンテーションを行いながら異文化に触れることを目的とする。また、留学生にTICCの活動を知ってもらう機会にする。
6月 シンポジウム
 本学の留学生と新1年生を中心とした日本人学生を対象に、日本文化に触れながら交流の機会となる日帰り旅行を企画する。今回は新緑を楽しみながらの高尾山への登山を企画する。

TICC Sports Festa
 「言葉のいらない交流」をテーマに、本学の留学生と日本人学生が交流を持つきっかけ作りを目的とする。オリエンテーションを含む誰でも安全に楽しめるスポーツを行う。予算は備品の用意やビラの印刷に使用する。                             
7月 異文化ワークショップ
 日本人の小学生とその地域の方を対象に、外国の遊びや講演を通して、異文化を体験してもらうイベント。参加者の異文化に対する意識の壁をより低くすることを目的とする。第1回はアメリカ合衆国について取り上げる予定。                            
8月 夏休み宿題サポートプロジェクト
 にこティー教室の活動の一貫として夏休みの宿題支援活動を行い、宿題を終わらせる達成感を児童に感じてもらうことを目的とします。

                           
9月 にこティー教室
 地域の外国人児童を対象に、授業内容の援助・支援を毎週水・木曜日の2回行う。外国人児童を支援すると共に、参加者が在日外国人の現状を知る機会とする。予算は支援を円滑に行う為の教科書や辞書の購入、交通費に使用する。

翰林日本語学校訪問
 横浜市にある日本語学校に訪問し、日本人と関わる機会の少ない留学生たちと交流を行う。交流を行う中で、外国人の抱えている問題解決の手助けや様々な意見交換を行う。予算は交通費、制作費に使用する。                 

Communication Lunch(授業期間中継続活動)
 東海大学内の留学生と日本人学生がコミュニケーションを取る為の昼食会である。多くの留学生と日本人学生が互いに親睦を深めることを目的とし、基本的に8号館で活動を行う。                 

世界の国々をのぞいてみよう
 秦野市在住の小学生とその保護者を対象に外国の遊びなどを通して異文化を体験してもらう体験型ワークショップです。参加者の異文化に対する意識をより良くすることを目的とします。

研修旅行
 TICCメンバーのスキルアップや多文化共生についてをテーマに勉強会を行う。知識を蓄え、理解度を高めることで、今後の活動に活かす。更に、メンバー同士の親睦を深めるためのイベントも組み込む。
10月 TICC Sports Festa
 「言葉のいらない交流」をテーマに、本学の留学生と日本人学生が交流を持つきっかけ作りを目的とする。オリエンテーションを含む誰でも安全に楽しめるスポーツを行う。予算は備品の用意やビラの印刷に使用する。                 

国際フェア
 大学規模で行われる国際フェアに参加し、日本文化を伝えるブースを出す。留学生や本学学生はもちろん、地域の方々にもイベントを通して、異文化に触れる機会を設ける。
11月 建学祭展示
 展示によってTICCの活動を紹介すると共に、展示を見に来てくださった参加者に異文化に対する意識をより高めてもらうことを目的とする。予算は物品準備等に使用する。

にこティー教室建学祭ツアー
 にこティ-教室に参加している小中学生を対象に、東海大学の建学祭に参加してもらい、大学の雰囲気を知ってもらう。そして、大学でも勉強したいという気持ちを持ってもらうようにする。
12月 異文化理解ワークショップ
 日本人の小学生とその親子を対象に、外国の遊びや講演を通して、異文化を体験してもらうイベント。参加者の異文化異文化に対する意識の壁をより低くすることを目的とする。予算は、会場の装飾費に使用する。             
1月 TICC新春もちつき大会
 餅つきという体験を通して、留学生と本学学生の交流の場をつくることを目的とする。留学生に日本文化に触れてもらい、日本語でのコミュニケーションを行う場を設ける。                             
2月TICC勉強会
 TICCの理念、目的、学びのテーマの理解を深めるためと共に、多文化共生に関する問題についての知識を深める為に行う。また定期的に開催し、TICCメンバーとしての意識を高める場とする。
3月 お楽しみ会
 にこティー教室に参加している小中学生を対象にレクリエーションを行う。一年間の活動を子供たちと振り返り、次に繋げる準備を目的とする。年度の区切りとしての親睦会である。予算は物品準備として使用。                 
▲ページ先頭に戻る