World Solar Challenge 2013 | ライトパワープロジェクト
トップページ > 大会参戦一覧 > 2013WSC

WSCについて

World Solar Challengeとは、国際的なソーラーカーレースでオーストラリアを縦断し3,021 kmもの距離を走行します。

この大会は1987年に冒険家Hans Tholstrup氏の世界初のソーラーカーでオーストラリア大陸縦断という偉業から始まりました。

今年は24の国と地域から、43チームが参戦予定です。

LINK : www.worldsolarchallenge.org

今年、三連覇へ

私たち東海大学チームは前回・前々回大会で優勝しており、
今回は大会3連覇をかけて参戦します。

2009 : Tokai Challenger ( First Place )

2011 : Tokai Challenger ( First Place )

2013 : Tokai Challenger

ソーラーカー : 2013 Tokai Challenger

2013 ワールド・ソーラー・チャレンジを目指して製作し、新たに4輪となった新型ソーラーカーです。

最適な車体形状

 ソフトウェアクレイドル社の流体解析ソフト「SCRYU/Tetra」を使用し、新たに4輪になる車体を空力解析し空気抵抗が低減する形状を決定しました。

一般家庭向け太陽電池の採用

 パナソニック社のシリコン系「HIT太陽電池」を6m2搭載しました。この太陽電池は世界トップレベルとなる22.5%の変換効率を達成しており、定格出力は1.35kWになります。

高容量なリチウムイオン電池

 パナソニックエナジー社よりノートPC向け高性能リチウムイオン電池「NCR-18650B」を463本(総重量21kg)搭載。

フルカーボンの車体

東レ社から品質の良い炭素繊維「トレカ」の提供、CFRPの加工会社の東レカーボンマジック社による成形・加工などを行いました。

高性能な動力部

 動力部には、低転がり抵抗な「MICHELIN タイヤ」を使用、ミツバ社製「ブラシレスDCダイレクトドライブモータ」に、ジェイテクト社製「セラミックボールベアリング」を組み合わせました。

2013 TokaiChallenger 性能諸元表

全長4495mm太陽電池パナソニック HIT 太陽電池(シリコン系) 変換効率22.5% 出力1.35kW
全幅1795mmMTTP三島木電子 昇圧型18系統 変換効率98.5%(代表値)
全高1008mmバッテリパナソニック リチウムイオン電池(NCR18650B)21kg 5.2kWh
車重150kgモータミツバ ブラシレスDC ダイレクトドライブモーター 変換効率98%以上、
ジェイテクト セラミックボールベアリング
トレッド1166mmボディ東レ 炭素繊維トレカ、東レ・カーボンマジック CFRP成型品
ホイールベース2039mmタイヤミシュラン Radial 95/80 R16
速度(太陽光のみ)85km/hブレーキ油圧ディスク& 回生ブレーキ

チームメンバー

パナソニックや東レをはじめとする日本を代表する企業との産学連携により、
世界最高峰のソーラーカーレースに挑み、日本の'ものつくり'の技術力を世界にアピールをします。

学生参戦メンバー職員・特別アドバイザー
チームマネージャー大久保 亮佑工学部動力機械工学科3年チーム監督木村 英樹工学部電気電子工学科 教授
ドライバー伊藤 樹工学研究科航空宇宙学専攻2年副監督福田 紘大工学部航空宇宙学科 講師
遠藤 直樹工学部動力機械工学科3年テクニカルディレクター池上 敦哉ヤマハ発動機株式会社
坂井 達哉工学部動力機械工学科3年ドライバー佐川 耕平富士重工株式会社・本学卒業生
チームスタッフ学生16名アドバイザー三瀬 剛芦屋大学 職員
竹内 豪株式会社ミツバ・本学卒業生
コーディネーター佐藤 多嘉雄本学チャレンジセンター推進室

大会参戦 日程

8月25日大潟村ソーラースポーツラインでの走行テスト
8月27日記者会見を開催
9月6日空輸(ソーラーカーの搬送)
9月20日輸送部隊が日本出発
9月21日輸送部隊がオールトラリア到着
9月22日メルボルンにて荷物の受け取り
9月27日ソーラーカーチーム本隊出国
9月28日オーストラリアに本隊到着
9月29〜30日整備作業
10月1〜4日公式車検期間
10月 5日公式予選(ヒドゥンバレー・サーキット)
10月 6日本戦レース スタート(ダーウィン)
10月13日レース終了(アデレード)、表彰式

メディア

リンク